おすすめのソーラーパネルと選び方

ソーラーパネルの選び方|プロはこう選ぶ

専門知識がほとんどない一般ユーザーは、まず太陽電池を扱っている工務店や販売代理店などに、どのメーカーを選ぶか相談することが一般的です。

 

一般に相談や見積もりまでは無料と考えてよいため、よくわからない点を確認し、設置を決めた後も複数の業者に相見積もりを取るとよいでしょう。なお相見積もりとは、複数の販売業者から見積もりを取得し比較することです。

おすすめのソーラーパネルと選び方

プロ、専門業者の選び方

まずは多く発電することを優先する

まずできるだけ多く発電できることを最優先に考えます。今は余剰電力を1kWhあたり38円という高額で買い取ってもらえるためです。まずは設置場所の屋根に上り、面積や角度、影の様子などの日照条件を確認します。

 

屋根が狭ければ発電効率の高いメーカーを検討する

確認後に、屋根面積が狭いお宅の場合には、発電効率の高いメーカーのものを選びます。それは、ある程度の太陽電池モジュールを並べれば十分な発電量を確保できる可能性があるためです。

 

狭小屋根でかつ屋根形状が特徴的なものの場合には、組み合わせの自由度の高く、屋根面積を有効に使える、京セラシャープの太陽電池モジュールを検討します。

 

屋根が広ければ安いメーカーを選んでも吉

一方、ある程度屋根面積が広ければ、経済面も考慮して、ソーラーフロンティアシャープなどを選択します。

 

つまり、屋根の形や面積、日当たりなどの条件が千差万別の家にあわせて、一軒ごとに最も効率よく発電できそうなメーカーや製品を最初にイメージします。

 

おすすめのソーラーパネルと選び方

 

 

 

ユーザーの目的別の選び方

 

早く元を取りたい方向け
 発電効率は低めでも、なるべく初期費用の安いソーラーパネルを提案

 

初期費用回収後も見据え、「もっと発電したい方」向け
 初期費用は多少割高でも、発電効率の高いソーラーパネルを提案


 

ソーラーパネル無料一括見積の「タイナビ」

私のおすすめソーラーパネル|この3社の見積もりはとっておきたいですね

ソーラーフロンティアのCIS太陽電池モジュール

 

「実発電量NO.1の、お買い得CISソーラーパネル」
ソーラーフロンティアのソーラーパネルは価格が比較的安く、またデザインも優れています。変換効率は10%強程度と高くないのですが、実際に発電された発電量が、他のメーカーの高効率ソーラーパネルよりも高いという実証結果も報告もされています。
狭い屋根には向いていない可能性もあります。見積もりの際、発電シミュレーションを他のメーカーと比較して、メリットが出るか確認しましょう。

パナソニックのHIT太陽電池モジュール

 

「暑さにも強い、世界最高水準の発電効率 HIT太陽電池」
パナソニックのHIT型太陽電池モジュールは、変換効率が20%程度といった最高水準の性能をもっています。変換効率が高いことから狭い屋根にも適しています。しかもこのソーラーパネルは、一般的なソーラーパネルに比べて暑さに強いといった、非常に強いメリットも併せ持っています。
そのため、年間発電量は高いものが期待できます。後は価格しだいですね。

シャープの多彩な太陽電池モジュール

 

「多彩なラインナップ、ルーフィット設計と、充実の15年保証」
シャープは、ソーラーパネルの価格が比較的安く、また製品のラインナップも非常に豊富です。
狭小、複雑屋根におすすめなのはシャープのルーフィット設計です。屋根の形に合わせて、パズルのようにソーラーパネルをはめ込むことで、屋根に多くの太陽電池モジュールを設置することが可能です。
また、「まるごと15年保証」はパワーコンディショナーを含めた保証となっているので、非常にお得です。

無料一括見積で、優良業者の中から安いところを探す!

ソーラーパネルの価格は、相場の影響を一番強く受けるので「いつ買うか」に最も左右されると言えるでしょう。しかし普通に買っていては、なかなか1kW30万円台などといった「相場価格」にならないのが現実です

そういった価格で購入するために推奨されているのが、ネットの一括見積です。一括見積サイトでは、安さに加えて安心できる優良業者も探すことができます。安さだけではなく、安心して付き合える業者かどうかという点も比較してみましょう。

ソーラーパネル無料一括見積大手の「タイナビ」


太陽光発電の一括見積と言えば「タイナビ」というほど、実績豊富で有名な業者です。優良な施工・販売業者を一括で探すことができます。

 
ホーム 価格・相場 購入の秘訣 元が取れるの? おすすめメーカーと選び方