ソーラーパネルの設置容量|何kW設置すればいい?

ソーラーパネルの設置容量|何kW設置すればいい?

どれくらいのソーラーパネルを載せたらよいか、もしくはどれくらいのソーラーパネルを設置できるのかというのも気になる点です。

 

平均では4kW前後設置している

日本の二階建ての平均的住宅の広さは、約120平方メートル程度といわれています。つまり屋根の広さもその程度あるということです。そのような標準的な屋根の場合、南斜面で3キロワットから5キロワットのソーラーパネルを設置することができます。

 

実際に統計データを見ていると、日本国内の平均的なソーラーシステムは4kWとなっています。

 

ソーラーパネルの設置容量|何kW設置すればいい?

 

この場合、日本での平均的な日照時間で予測すると、年間3000キロワット時から5000キロワット時の電力が得られます。夫婦と子供2人からなる計4人の世帯では、電力使用量が年間3360キロワット時とされていますので、4キロワット程度のソーラーパネルを設置することで、十分にまかなえる計算になります。

 

実際には、夜間や悪天候時など発電していない時には電気を買わないといけないので、電気を完全に自給できるわけではありませんが、蓄電システムが発展してくればそれも可能になるでしょう。

 

屋根が広いならできるだけ多く設置したほうが得

一方で、屋根の広さや多少資金に余裕のある場合には、できるだけ多くのソーラーパネルを設置したほうが、初期費用の回収期間を早めることができます。

 

それは、一度に多くのソーラーパネルを設置すると、工事費用など諸経費が共通することや、発注量が多くなることで1kW当たりのソーラーパネルの価格が下がるからです。

 

 

これにより、なるべく多くのソーラーパネルを設置することで、1キロワットあたりの単価を安く設置して、発電・売電量を稼ぐことで初期費用の回収期間をより短くすることが可能になります。

 

2kWと5kWのシステムで迷われていたら、5kWのシステムのほうが利点が多くなるはずですので、まずは4kW以上の大きいシステムからご検討ください。

無料一括見積で、優良業者の中から安いところを探す!

ソーラーパネルの価格は、相場の影響を一番強く受けるので「いつ買うか」に最も左右されると言えるでしょう。しかし普通に買っていては、なかなか1kW30万円台などといった「相場価格」にならないのが現実です

そういった価格で購入するために推奨されているのが、ネットの一括見積です。一括見積サイトでは、安さに加えて安心できる優良業者も探すことができます。安さだけではなく、安心して付き合える業者かどうかという点も比較してみましょう。

ソーラーパネル無料一括見積大手の「タイナビ」


太陽光発電の一括見積と言えば「タイナビ」というほど、実績豊富で有名な業者です。優良な施工・販売業者を一括で探すことができます。

 
ホーム 価格・相場 購入の秘訣 元が取れるの? おすすめメーカーと選び方