ソーラーパネルの工事期間はどれくらい?

ソーラーパネルの設置工事にかかる日数は?

ソーラーパネルの設置と、その配線工事だけであれば、1〜2日程度で終了します。そのため、既築の場合だけであれば1〜2日程度で終了します。しかし、既築の場合には、足場の組み立てや解体にも1日程度の日数を要する場合があります。天候の都合もあるため、約1週間を作業日程を予告されることもあるようです。

 

また、設置・配線工事が1〜2日程度であっても、電力会社と発電電力の売買契約締結には1ヶ月ほど必要とされます。いきなり工事を始めるのでなく、屋根の形状や設置環境などの事前調査を行うことも大事なのです。なお、事前調査には半日は必要とされています。

 

なお、需要の拡大などによって、太陽電池の生産が間に合わない場合、業者の対応に遅れが出る場合も考えられます。注文をしてすぐに設置が行われるわけではないので、しっかりと調査をした上で、中期的な視野をもって打ち合わせなどのスケジュールを決める必要があります。

 

施工会社に頼む場合には、それまでの実績や、担当者の経験サポート体制の有無もチェックしておきましょう。実績のない業者などを利用した場合、工事の不良などが起こる可能性があります。安いだけではなく、実績があり、安心できる業者から購入するようにしたいですね。

無料一括見積で、優良業者の中から安いところを探す!

ソーラーパネルの価格は、相場の影響を一番強く受けるので「いつ買うか」に最も左右されると言えるでしょう。しかし普通に買っていては、なかなか1kW30万円台などといった「相場価格」にならないのが現実です

そういった価格で購入するために推奨されているのが、ネットの一括見積です。一括見積サイトでは、安さに加えて安心できる優良業者も探すことができます。安さだけではなく、安心して付き合える業者かどうかという点も比較してみましょう。

ソーラーパネル無料一括見積大手の「タイナビ」


太陽光発電の一括見積と言えば「タイナビ」というほど、実績豊富で有名な業者です。優良な施工・販売業者を一括で探すことができます。

 
ホーム 価格・相場 購入の秘訣 元が取れるの? おすすめメーカーと選び方