ソーラーパネルの費用とその内訳は?

ソーラーパネルの費用とその内訳は?

ソーラーパネルの導入時には、百万円以上といった大きな費用が発生します。
この費用にはいったいどのようなものが含まれるのでしょうか?

ソーラーパネルの費用とその内訳は?

ソーラーパネルの費用内訳(例)

多結晶シリコン太陽電池 2.5kWを設置したと仮定します。
※補助金額は変更前のものです。すべての数値は参考までにご覧ください。

 

ソーラーパネルの導入費用 合計215万円(税込み)

・太陽電池モジュールがやはり一番大きな金額を占めています。
・次に、パワーコンディショナー、架台、各種工事費用といったものが高額です。
・各種申請は、補助金等の申請を販売業者が代行してくれる際に必要になります。

 

  太陽電池モジュール: 120万円
   ・・・発電するための部品です。いわゆる太陽電池です。
  架台: 13万円
   ・・・太陽電池モジュールをのせるための台のようなものです。
  モニター: 4万円
   ・・・モニターで発電量を見ることができます。
  パワーコンディショナー: 25万円
   ・・・発電した電気を家庭で使えるように調整する機械です。
  ケーブル: 3万円
   ・・・太陽電池などから電気をおくるためのケーブルです。
  電力計: 4万円
   ・・・電気を売ったり、買ったりするときのメーターです。
  各種工事: 11万円
   ・・・電気配線などを行います。
  架台取付: 14万円
   ・・・架台を取り付けるための工事です。

  モジュール据付: 8万円
   ・・・太陽電池モジュールを設置する費用です。
  各種申請代行: 3万円
   ・・・補助金などの代理申請を行ってくれます。

 

割引や補助金など 合計96万円

・メーカーの割引で価格が下がることがあります。
 ※すでに割引された金額が示されている場合は、「割引」との記載はありません。
・国、県、市区町村からの購入補助金がでる場合があります。
 ※年度によって、金額や申請方法が異なりますので、最新の情報を集めましょう。

 

  メーカーの割引:60万円
  国の補助金:18万円
  県の補助金:13万円
  市の補助金:5万円

 

自己負担額(@-A)合計119万円(1KW当たり47.6万円)

・@の費用から、Aの割引・補助金を引いた額が、自己負担分となります。
・この金額が、1キロワット当たり50万円以下が2013年度の相場となります。

 

元を取るまでの年数10年程度になるようにしましょう。

無料一括見積で、優良業者の中から安いところを探す!

ソーラーパネルの価格は、相場の影響を一番強く受けるので「いつ買うか」に最も左右されると言えるでしょう。しかし普通に買っていては、なかなか1kW30万円台などといった「相場価格」にならないのが現実です

そういった価格で購入するために推奨されているのが、ネットの一括見積です。一括見積サイトでは、安さに加えて安心できる優良業者も探すことができます。安さだけではなく、安心して付き合える業者かどうかという点も比較してみましょう。

ソーラーパネル無料一括見積大手の「タイナビ」


太陽光発電の一括見積と言えば「タイナビ」というほど、実績豊富で有名な業者です。優良な施工・販売業者を一括で探すことができます。

 
ホーム 価格・相場 購入の秘訣 元が取れるの? おすすめメーカーと選び方