ソーラーパネルの寿命(耐用年数)は?

ソーラーパネルの寿命(耐用年数)は?

ソーラーパネルの寿命(耐用年数)については近年調査が進んでいます。その結果メーカーは期待寿命を20〜30年としております。

 

しかし1960年代に設置された太陽電池が、現在も稼動しているということもあるようなので、太陽電池パネルの寿命はそれ以上に長いのではないかということが指摘されております。

 

一方で、太陽光発電システムを構成する機器には、より現実的な寿命があることがわかってきています。例えば、パワーコンディショナーなどの装置はより短い寿命があり、10年程度といわれています。つまり太陽光発電システムとしては、太陽電池は長持ちしますが、パワーコンディショナーは10年で寿命を迎えることから、寿命は10年であるともいえます。

 

もちろんこのパワーコンディショナーは交換が可能ですので、新しいものに変えることで、ソーラーパネルを運用し続けることができます。その際のパワーコンディショナーの交換費用としては、20万円程度が予想されます。今後はより価格が下がってくることもありますので、より安価に交換することが可能になってくるかもしれません。

 

なお、多くのメーカーは、パワーコンディショナーの保証期間を、1〜数年としており、システム全体では10年の保証をつけているところが多いです。

 

シャープでは有償で、「まるごと15年保証」をつけており、これだと購入時に数万円を支払うことで、パワーコンディショナーを含めた15年間の保証を受けることができます。パワーコンディショナーの寿命が10年程度であることを考えると、入っておいて損はない保証かと思います。

無料一括見積で、優良業者の中から安いところを探す!

ソーラーパネルの価格は、相場の影響を一番強く受けるので「いつ買うか」に最も左右されると言えるでしょう。しかし普通に買っていては、なかなか1kW30万円台などといった「相場価格」にならないのが現実です

そういった価格で購入するために推奨されているのが、ネットの一括見積です。一括見積サイトでは、安さに加えて安心できる優良業者も探すことができます。安さだけではなく、安心して付き合える業者かどうかという点も比較してみましょう。

ソーラーパネル無料一括見積大手の「タイナビ」


太陽光発電の一括見積と言えば「タイナビ」というほど、実績豊富で有名な業者です。優良な施工・販売業者を一括で探すことができます。

 
ホーム 価格・相場 購入の秘訣 元が取れるの? おすすめメーカーと選び方