ソーラーパネルと屋根【角度・向き】

ソーラーパネルと屋根【角度・向き】

ソーラーパネルの設置方向は、真南から±45°以内が理想

 

ソーラーパネルを設置するには日当たりのよい屋根が好ましいです。
したがって、南向きの広い屋根を持っていることが理想的です。

 

しかし、日本の一般的な住宅では、東西南北へ屋根の斜面が向いている「寄棟屋根」も多いです。
東向きや西向きに太陽電池を設置する場合、南向きに設置した場合の85%ほどの出力になることを考慮に入れたほうがよいでしょう。真南から45度以内の設置が理想的です。

 

太陽電池を設置する方角は、真南が理想的ですが、南東や南西でも真南に設置した場合の発電量の96%が期待できます。
真南の発電量を100%とすると、北で約66%、西で約85%、南西で約96%、真南で100%、南東で約96%、東で約85%が期待されます。

 

屋根の傾斜角度は緯度によって異なる

 

最適な屋根の傾斜角度は緯度によって異なります。
東京や大阪では水平から30度に設置することが理想的といわれていますが、札幌では35度、那覇では20度と北の地域ほど設置角度の傾斜を高く、南ほど低くするのがよいことがわかっています。

 

<ソーラーパネルの発電と取り付け角度>

傾斜角

方位0°(真南) 方位45°(南東、南西) 方位90°(東、西)
水平面 88% 88% 88%
10° 94% 92% 88%
20° 98% 95% 86%
30° 100% 95% 83%
40° 100% 94% 79%

無料一括見積で、優良業者の中から安いところを探す!

ソーラーパネルの価格は、相場の影響を一番強く受けるので「いつ買うか」に最も左右されると言えるでしょう。しかし普通に買っていては、なかなか1kW30万円台などといった「相場価格」にならないのが現実です

そういった価格で購入するために推奨されているのが、ネットの一括見積です。一括見積サイトでは、安さに加えて安心できる優良業者も探すことができます。安さだけではなく、安心して付き合える業者かどうかという点も比較してみましょう。

ソーラーパネル無料一括見積大手の「タイナビ」


太陽光発電の一括見積と言えば「タイナビ」というほど、実績豊富で有名な業者です。優良な施工・販売業者を一括で探すことができます。

ソーラーパネルと屋根【角度・向き】関連ページ

ソーラーパネルと屋根【屋根の形状】

 
ホーム 価格・相場 購入の秘訣 元が取れるの? おすすめメーカーと選び方