ソーラーパネルは停電時に使えるか?

ソーラーパネルは停電時に使える?

東日本大震災の際に、多く問い合わせがあったのが、「ソーラーパネルは停電時にも使えるのか?」といった質問だったようです。

 

ソーラーパネルは、停電時でも晴れてさえいれば、電力を使うことができるようです。しかし、自動で使えるようになるわけではないようなので注意が必要です。メーカーや機種によって操作方法が異なるので、詳細は説明書をご覧ください。

 

一般的には停電時には、パワーコンディショナーで「自立運転モード」に切り替える必要があります。

 

その際、まずは自立運転コンセントの位置を確認しましょう。このコンセントのみが使えることになります。これもパワーコンディショナーかその周辺にあることが多いです。次に主電源と太陽光発電のブレーカーをOFFにします。これで、商用電源(系統)から独立させます。その後、自立運転モードに切り替え、自立運転コンセントにつなげば完了です。

 

一般的な太陽電池システムでは、最大容量が1500ワットになっている点と、太陽光なので出力は不安定である点に注意が必要です。この電力で、携帯電話やノートパソコンの充電のほか、冷蔵庫や電子レンジも動かせる場合があります。それぞれの電化製品の消費電力をあらかじめ知っておくことが重要です。

無料一括見積で、優良業者の中から安いところを探す!

ソーラーパネルの価格は、相場の影響を一番強く受けるので「いつ買うか」に最も左右されると言えるでしょう。しかし普通に買っていては、なかなか1kW30万円台などといった「相場価格」にならないのが現実です

そういった価格で購入するために推奨されているのが、ネットの一括見積です。一括見積サイトでは、安さに加えて安心できる優良業者も探すことができます。安さだけではなく、安心して付き合える業者かどうかという点も比較してみましょう。

ソーラーパネル無料一括見積大手の「タイナビ」


太陽光発電の一括見積と言えば「タイナビ」というほど、実績豊富で有名な業者です。優良な施工・販売業者を一括で探すことができます。

 
ホーム 価格・相場 購入の秘訣 元が取れるの? おすすめメーカーと選び方