ソーラーパネルの設置方式

ソーラーパネルの設置方式記事一覧

ソーラーパネルの設置【屋根置き型】

屋根置き型のソーラーパネルを設置する場合、支持金具工法、支持瓦工法、スレート用金具工法といった方法により、太陽電池モジュールが屋根に取り付けられます。これらの方法では、屋根の主要構造を構成する垂木や母屋などに支持部材を取り付け、そこにモジュールを設置するための架台を固定します。支持部材については様々...

≫続きを読む

 

ソーラーパネルの設置【屋根材型】

屋根材型のソーラーパネルは、それ自体が屋根材としての機能を備えており、屋根として直接設置されるものです。そのため、設置する住宅の屋根構造、勾配、屋根下地の処理が、太陽電池モジュールで規定される条件を満たしているかどうかを、事前に確認しておく必要があります。耐火建築物、準耐火建築物への使用は原則できま...

≫続きを読む

 

ソーラーパネルの設置【陸屋根型】

陸屋根は傾斜型の屋根と違い、角度がないため、特別な工事が必要となります。最も異なるのは、架台と呼ばれる太陽光モジュールを傾斜をつけて設置するための骨組みが必要になるところです。RC構造の屋根では、ケミカルアンカーと呼ばれるものを用いて設置されることがあります。この施工方法に関しては、屋根のコンクリー...

≫続きを読む

 

無料一括見積で、優良業者の中から安いところを探す!

ソーラーパネルの価格は、相場の影響を一番強く受けるので「いつ買うか」に最も左右されると言えるでしょう。しかし普通に買っていては、なかなか1kW30万円台などといった「相場価格」にならないのが現実です

そういった価格で購入するために推奨されているのが、ネットの一括見積です。一括見積サイトでは、安さに加えて安心できる優良業者も探すことができます。安さだけではなく、安心して付き合える業者かどうかという点も比較してみましょう。

ソーラーパネル無料一括見積大手の「タイナビ」


太陽光発電の一括見積と言えば「タイナビ」というほど、実績豊富で有名な業者です。優良な施工・販売業者を一括で探すことができます。

 
ホーム 価格・相場 購入の秘訣 元が取れるの? おすすめメーカーと選び方