産業用太陽光発電とは?

産業用太陽光発電とは?

一般的に、ソーラーパネルの設置容量が10kWを超えるものを産業用などと呼びます。10kW未満の住宅用と、補助金や売電の制度などが異なります。最も大きな違いは、適用される電力の買取制度です。

 

太陽光発電などの再生可能エネルギーで発電した電気を、一定期間、一定価格で電力会社が買い取ることを義務付ける「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が2012年7月にスタートしました。これは通称全量買取制度と呼ばれます。産業用太陽光発電では、この制度が適用されます。

 

高い売電単価が、20年間補償されているため、オフィスビルや商業施設、工場などの建物や所有地を利用して設置し、売電収入や環境貢献などの大きなメリットが見込めます。そのため、投資先としても注目をあびています。

 

全量買取制度では、発電した電力すべてを売電する必要はありません。設置システムのうち、一部は全量買取制度を適用した売電用システムとして、一部は自家発電システムとして、系統を分けて運用することも可能です。

 

 

●比較的大きな発電規模向け(全量買取型太陽光発電システム)

 

ソーラーパネルで発電した電力をすべて電力会社に売るものです。高い売電単価を利用することで、大きな経済的メリットが見込まれます。発電を、事業としてお考えの方向けのシステムです。

 

 

●比較的小規模発電向け(余剰電力買取型太陽光発電システム)

 

日中はソーラーパネルで発電した電気を自家消費します。夜間や発電量が足りない時には、電力会社から電気を買って使います。システムの一部に全量買取制度を適用することもできます。クリーンエネルギーの利用とコスト削減を両立できるシステムと言えます。

 

 

 

<産業用太陽光発電システムの構成>

 

産業用太陽光発電とは?

産業用太陽光発電の価格比較は

【タイナビNEXT】では、設置予定場所の簡単な情報などを入力するだけで、条件に合った産業用太陽光発電の見積もり提案を複数社より(最大5社)受ける事ができます。もちろん、利用後に納得できない場合には断ることも可能です。

 

タイナビNEXTの特徴としては、次のような点があります。

  • 最適なメーカー選定ができる!
  • 見積もり価格比較ができる!
  • 実績重視・安心の企業に頼める!

 

↓↓約1分で見積り完了!産業用太陽光発電一括見積り!↓↓

産業用太陽光発電とは?

 


 
ホーム 価格・相場 購入の秘訣 元が取れるの? おすすめメーカーと選び方