産業用太陽光発電|全量買取制度とは?

産業用太陽光発電|全量買取制度とは?

産業用太陽光発電の普及の追い風になっているのが、「再生可能エネルギーの全量買取制度」です。この制度は2012年の7月から始まった新しい制度です。

 

これによって、「発電事業用の太陽光発電システムで発電された電気は、全量買取を基本とする」ことになったのです。10kWまでのいわゆる家庭用のソーラーパネルを設置する場合には、対象になりませんが、10kWを超える大容量のシステムを設置する場合に対象になります。

 

産業用の太陽光発電システムを対象とした全量買取制度では、20年間固定金額で電気を買い取ってもらうことができます。2014年度の買取(売電)単価は、1kWhあたり32円+税です。

 

毎年変更されることが予測され、しかも年々減額されることが予想されますので、設置される場合はお早めにお申し込みください。

 

また、今回の全量買取制度によって、産業用太陽光発電に注目が集まっています。
それは、エネルギー源としてもなのですが、投資先としても期待されているのです。

 

ワット単価の安い産業用ソーラーパネルを設置することで、10年以内に初期費用を回収し、その後も売電を続けることで、年利数%の利益を得ることができるとも言われています。

 

 

<家庭用と産業用太陽光発電の比較>

家庭用太陽光発電 産業用太陽光発電
設置容量

〜10kW

10kW〜

買い取り制度

余剰電力買取制度

(家庭で使わなかった分を売電)

全量買取制度

(発電した全ての電気を売電可能)

買取(売電)単価

37円/kWh

(2014年度申し込み分)

32円+税/kWh

(2014年度申し込み分)

固定買取期間

10年間

20年間

産業用太陽光発電の価格比較は

【タイナビNEXT】では、設置予定場所の簡単な情報などを入力するだけで、条件に合った産業用太陽光発電の見積もり提案を複数社より(最大5社)受ける事ができます。もちろん、利用後に納得できない場合には断ることも可能です。

 

タイナビNEXTの特徴としては、次のような点があります。

  • 最適なメーカー選定ができる!
  • 見積もり価格比較ができる!
  • 実績重視・安心の企業に頼める!

 

↓↓約1分で見積り完了!産業用太陽光発電一括見積り!↓↓

産業用太陽光発電|全量買取制度とは?

 


 
ホーム 価格・相場 購入の秘訣 元が取れるの? おすすめメーカーと選び方