産業用太陽光発電Q&A

産業用太陽光発電Q&A

Q1. 太陽光発電は蓄電できるか?
A1. 基本的には蓄電できません

 

ソーラーパネル自体は、蓄電機能を持っていないため蓄電はできません。
しかし最近では、災害時や夜間にソーラーパネルで発電した電気を使うための仕組みもできてきています。
システムに蓄電池・電気自動車など蓄電可能なものを組み込むことで蓄電も可能です。

 

Q2. 産業用システムを設置するにはどのくらいの面積が必要か? 
A2. 100m2程度あれば設置できます。

 

設置する場所の条件に左右されますが、下記が目安になります。
●10kwシステム (ビル屋上や工場屋根など) ・・・100m2
●50kwシステム (ビル屋上や工場屋根など) ・・・500m2
●100kwシステム (ビル屋上や工場屋根など) ・・・1,000m2

 

また、これ以上大規模システムの場合、単純に掛け算とはいかないようですので、ご注意を。

 

Q3. 曇や雨でも発電するか?
A3. 発電はするが発電量は少ない

 

曇の場合で晴天時の50%以下、雨で10%以下の発電量はあります。
ソーラーパネルの性質によって日射量の少ない中でも効率的に発電するものもあるため、その地域の天候に合わせたソーラーパネルを設置する必要があります。プロからのアドバイスを受け、最適なシステムを選択することが重要です。

 

Q4. メンテナンスは必要か?
A4. 必要です

 

産業用で大規模なシステムの場合には、鳥のフンや土埃などのわずかな汚れの付着で数%の発電ロスが生じると、売電収入に大きな開きが起こってしまう場合があります。
そのため、異常から短期間で原状復帰させるための保守運用体制が求められます。

産業用太陽光発電の価格比較は

【タイナビNEXT】では、設置予定場所の簡単な情報などを入力するだけで、条件に合った産業用太陽光発電の見積もり提案を複数社より(最大5社)受ける事ができます。もちろん、利用後に納得できない場合には断ることも可能です。

 

タイナビNEXTの特徴としては、次のような点があります。

  • 最適なメーカー選定ができる!
  • 見積もり価格比較ができる!
  • 実績重視・安心の企業に頼める!

 

↓↓約1分で見積り完了!産業用太陽光発電一括見積り!↓↓

産業用太陽光発電Q&A

 


 
ホーム 価格・相場 購入の秘訣 元が取れるの? おすすめメーカーと選び方