産業用太陽光発電【高収益をあげるポイントは!?】

産業用太陽光発電【高収益をあげるポイントは!?】

産業太陽光発電では、大規模な設備でクリーンなエネルギーをたくさん作ることができるという、非常に重要な役目を果たしています。

 

また、企業などがこれを導入することで、イメージアップに繋がるという特徴もあります。しかし、2012年に全量買取制度が始まり、産業用太陽光発電が投資対象としても注目されています。

 

この場合には、初期費用を早く回収し、発電量を最大化することで、高収益で安定な事業とする必要があります。そのためにはどのようなことに気をつけないといけないのか、その注意点を考えてみましょう。

 

高効率なシステムを安く導入=イニシャルコストを安くする

最も重要になるのが、安く太陽光発電システムを導入することです。同じシステムを導入する場合にも、販売会社によって、金額は大きく変わります。

 

例えば、同じ10kWのシステムを導入する場合でも、ワット単価50万円で販売しているところと、30万円で販売しているところが存在するのです。この場合、10kWなので200万円も購入価格に差が出てきます。なるべく多くの見積りを取得することで、相場感が養われ、安い会社がわかります。

 

また同じ値段であれば、なるべく効率(発電量)の高いソーラーパネルを設置することが発電量の面で有利です。発電効率の高さでは、パナソニックのHIT太陽電池が有名ですが、最近ではソーラーフロンティアのソーラーパネルが実発電量が高いといわれ、注目されています。同社のものは価格も安いので一考の価値はありそうです。

 

<主要構成機器に関して>

@ モジュール
発電効率の高いものを設置することで設置面積を抑え、架台設置費用の抑制にもつながる
A パワーコンディショナー(パワコン)
モジュールとの相性、立ち上がりスピード、冷却システム、変換効率など
B 架台の選定
屋上設置・地上設置ともさまざまな工法が生まれてきている。架台設置費用を抑えることが初期投資に大きく影響

 

 

確実な保守メンテナンス=ランニングコストを抑える

発電量が多く、高い電気代収入が見込める産業用システムでは、発電ロスを減らし確実に売電につなげることが重要です。そのため、確実な発電監視・保守管理を行うことがより重要なのです。

 

導入の検討の際には、保守メンテナンス体制に関する提案も、ランニングコストとして収支計画に反映させることが大切ですので、保守に対応が可能な第三者保守サービス会社であるかどうかも見極めましょう。

 

 

以上のように、イニシャルコストランニングコストを含めた導入提案を比較検討し、販売会社を選択していくことが、高収益化のポイントです。そのため、安心できる多くの導入実績を誇る会社を数社ピックアップし、まずはご相談されることをおススメします。

産業用太陽光発電の価格比較は

【タイナビNEXT】では、設置予定場所の簡単な情報などを入力するだけで、条件に合った産業用太陽光発電の見積もり提案を複数社より(最大5社)受ける事ができます。もちろん、利用後に納得できない場合には断ることも可能です。

 

タイナビNEXTの特徴としては、次のような点があります。

  • 最適なメーカー選定ができる!
  • 見積もり価格比較ができる!
  • 実績重視・安心の企業に頼める!

 

↓↓約1分で見積り完了!産業用太陽光発電一括見積り!↓↓

産業用太陽光発電【高収益をあげるポイントは!?】

 


 
ホーム 価格・相場 購入の秘訣 元が取れるの? おすすめメーカーと選び方